iPhone水没!修理をするまで絶対やってはいけない4つの事

iPhone水没修理をするまでの禁止事項について

(iPhoneをトイレに落としてしまった!)

大切なスマホを水没・浸水させてしまったとき

動揺しますし、慌てますよね。

実際に水没させたときは気が動転しているので頭の中はパニック。

もしiPhoneを水没させてしまったら、なにをすべきなのか?

なにをやってはいけないのか?

今のうちに確認しておいてください。

iPhone水没 修理をするまで絶対やってはいけないこと

先に言っておきます。

iPhoneを水没させてしまったら、速やかに修理をすることが必須です。

(ちゃんと使えているから大丈夫だよ)

いいえ、リチウムイオンバッテリーなどiPhoneの内部部品はわずかな水分でも腐食します。

最悪の場合、バッテリーの破裂や液漏れ、発火など大きな事故に繋がりかねません。

いずれにせよ修理は必須です。

それではiPhone水没修理をするまで、絶対やってはいけないことをご説明します。

1. 電源を入れてはいけない

水没した直後、壊れていないかを確かめたくなる気持ちはわかります。

しかし電源を入れるのは厳禁です。

絶対にやってはいけません。

水没後にiPhoneを通電させると回路がショートする場合があります。

また内部の金属部品の腐食に繋がり、かえって(本当はなにもなかったのに)新たに破損や故障の原因を自ら作ってしまうことになります。

また、水没直後iPhoneに電源が入っていた場合は動作確認をせずにすぐに切って下さい。

2. ドライヤーで乾かしてはいけない

確かにインターネット検索をすると、ドライヤーで乾かして復活した事例が出てきます。

しかしこれは決して正しい対処法ではありません。

実際は、iPhone内部にわずかでも水分が入ると熱で基盤が損傷するので「ある日突然電源が入らなくなった」といった最悪の事態を招く可能性を高めます。

ロジックボードと言われるメイン基板はわずかな水分と熱で腐食します。

水没直後は大丈夫だとしても時間の経過とともにメイン基板が損傷してしまうと、復旧が不可能になります。

3. 振ってはいけない

iPhone内部に入ってしまった水分を外に出そうとしてiPhoneを振る人がいます。

しかしこれは完全に間違った対処法です。

iPhoneを振っても内部に入った水分が外に出ることはありません。

それどころか水分を内部に行き渡らせてしまいます。

自ら腐食を早める行為であり内部で使用されている接着剤などが剥離する原因にもなります。

水没させたiPhoneは絶対に振ってはいけません。

4. 充電してはいけない

水没したiPhoneを充電する行為は電源を入れるのと同じダメージを引き起こします。

電源を入れる、充電する、USBに接続する。

これらは絶対にやってはいけません。

修理に持って行くまでの応急処置

次にiPhone水没修理までに最低限やっておくべきことをお伝えします。

1. 保護フィルムを剥がしケースを外す

iPhone本体の水分を拭き取ります。

2. SIMを抜く

SIMの水分を拭き取りティッシュなどで包んで保管します。

3. Dockやイヤホンジャックに入った水分を拭き取る

端子やコネクタ部分も丁寧に水分を拭き取ります。

ティッシュを紙縒りにして使うと水分を吸い取ることができます。

4. iPhoneを乾燥剤といっしょにジップロックに入れる

密封して応急処置は完了です。

水没したiPhoneはどこで修理すべき?

選択肢は2つ。

  • アップルストアまたは正規修理店で修理する。
  • 街の修理店で修理する。

選択基準も2つあります。

  • 費用
  • データ復旧の必要の有無

水没前にデータバックアップを取っていたのなら、アップルストアで修理するのが最良です。

逆にアップルストアや正規修理店では初期化された状態で戻ってくるのでデータは残らないので、

(データのバックアップを取っていない、データの復旧が必要)

この場合、まずは街の修理店に相談するのが良いでしょう。

また、水没しても交換までする必要がなく簡単な修理で復活できる場合もあります。

修理にかかる時間もアップルの公式サポートないし正規修理店では相当かかることを覚悟しなければならないことからも、

まずは街の修理店に相談するのがベターな選択肢だと言えそうです。

予防策について

とにかくiPhoneを落とさないことに尽きますが、気を付けていても落とすことはあります。

一回でも水没を経験すると以後洗面所などでは気を付ける癖が付きますが、iPhone本体はそもそも滑りやすい素材で覆われており落としやすいのも事実。

次は水没ではなく、

(地面に落として画面が割れてしまった)

こんな事態は避けたいところです。

ガラスコーティングのご提案

せっかく水没修理をしても、今度は地面に落として画面を割らないとも限りません。

修理のたびに高い費用を払うよりもガラスコーティングで予防することをおすすめします。

ナインカラットのガラスコーティングならとてもリーズナブルな料金で施工可能です。

しかもすべて専門スタッフによる施工。

ぜひご検討ください。

ナインカラットのガラスコーティングの特徴

残念ながら水没からiPhoneを守ることはできません。

しかし、傷から守るには最適です。

  • ナインカラットのガラスコーティングは国内最高硬度(9H)のガラスコーティング剤でiPhone全体を傷や衝撃から守ります。
  • ファンデーション汚れが付きにくくなります。
  • 抗菌や電磁波低減の効果があります。
  • 美しい仕上がり。

ご覧ください。iPhone修理後にガラスコーティングは必須

あなたの大切なスマホが強く美しく生まれ変わります。

ガラスコーティングは今、保護フィルムに代わる

新しいスマホ保護のツールとして注目を浴びています。iPhone修理後のガラスコーティングはナインカラットがベスト

購入したら傷が付く前にガラスコーティング!

おすすめです。

ナインカラットのお店を探す