iPhone画面反応しない!この事態で対処すべき3つの事

iPhone画面反応しない

(iPhoneの画面がぜんぜん反応しない)

iPhoneは精密部品がぎっしりと内臓されているいわばパソコンのようなもの。

パソコンの調子が悪いからといってむやみに分解する人なんていませんよね。

iPhoneの画面が反応しない時、まずは修理が必要か否かを的確に判断することが先決です。

iPhoneの画面が反応しない時に対処すべき3つの事

自分で修理しようとして部品やメイン基板に傷を付けてしまったり、元通りに戻せなくなっても後悔先に立たず。

いつも言っていることですがiPhoneは自分で修理すべきではありません。

修理に出す必要のあるトラブルか?そうではないのか?

この判断をすることこそユーザーとして一番賢い方法です。

後はプロに任せるべきです。

修理の必要性の有無を判断する3つのポイント

iPhoneの画面が反応しない、アプリが使えない、電話に出ることができない。

この時にすべきことは以下の3つです。

  1. iPhoneを再起動する
  2. iPhoneの画面をきれいに掃除する
  3. 保護フィルムを剥がし、画面をきれいに掃除する

これで解決しない場合はiPhone修理店に相談すべきです。

自分で蓋を開けて修理することはおすすめしません。

それでは3つのポイントについてひとつずつ説明していきます。

1. iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動することでプログラムのバグやメモリー環境が改善されて画面が正常に反応する場合があります。

とはいえiPhoneの画面がまったく反応しない状況では再起動のためのスライドすらできない場合も多々あります。

この場合はiPhoneを強制的に再起動します。

機種によって方法が異なりますが以下の2パターンに集約されているはずです。

  • スリープボタンとホームボタンの両方を約15秒長押しする。
  • スリープボタンと音量を「下げる」ボタンの両方を約15秒長押しする。

これで再起動できればOKです。

重度なトラブルでなければこれで解決します。

無駄な修理費用を払うのはもったいないです。

まずは再起動を試してください。

2. iPhoneの画面をきれいに掃除する

iPhoneの画面に皮脂やファンデーションなどの油分が付着して反応しない場合があります。

ほかに水分が付いていることで反応しない場合もあります。

再起動しても解決しない場合は画面に付いている汚れをきれいに拭き取って正常に反応するか試してください。

3. 保護フィルムを剥がし、画面をきれいに掃除する

一般的に保護フィルムは厚手なのでそもそもiPhone画面の反応が悪くなります。

さらに油分や水分など汚れが付着しているために画面が反応しない場合も結構あります。

保護フィルムをきれいに掃除しているつもりが、

かえって油分や水分を保護フィルムに擦り込んでしまっている場合もあります。

よって、再起動および画面清掃をしても解決しない場合はいちど保護フィルムを剥がし、

さらに画面をきれいに掃除してiPhone画面が反応するか試してください。

それでも解決しない場合

iPhoneの画面が反応しない時にやるべき3つのポイントをすべて試しました。

それでもiPhoneが直らない場合は、

iPhone修理店に相談することをおすすめします。

故障にはなにかしら原因があるので参考まで記しておきますが、あくまでも情報の一環としてご覧ください。

自らiPhoneを分解して修理することは前述の通り控えたほうが良いと思います。

iPhoneの画面が反応しない原因

様々な原因が考えられますが、ある程度集約できる原因として列挙します。

iOSのトラブル

iPhoneを制御するソフトウェアに問題があり画面が正常に認識できず反応しない可能性があります。

再起動してiPhoneが稼働したら、iOSのバージョンを確認して最新のバージョンにしておくことをおすすめします。

ただし、アップデートが正常に行われずにデータが消滅するトラブルを稀に耳にするので事前にバックアップしてからアップデートすることをおすすめします。

浸水

いちどiPhone内部に水分が入ってしまうと部品の腐食が進みショートなどを起こす可能性があります。

湿気など自分では浸水を自覚しにくい場合もありますが、本体側面のインジケーターで確認することができます。

落下

iPhoneを落下させた時の衝撃で接触不良などが起きている可能性があります。

ほかにバッテリーが膨張して関連部品を圧迫している可能性なども考えられますが、いずれにせよiPhone内部を自分で修理することはせずに、まずはiPhone修理店に相談することをおすすめします。

トラブル予防が可能なガラスコーティング

前述の通り、iPhoneの画面が反応しない原因の一つに「画面・フィルムの汚れ」があります。

保護フィルムは分厚いのでそもそも画面の反応を悪くします。

また、保護フィルムは貼った当初はきれいでも経年劣化もしますし、汚れやゴミも溜まっていきます。

ナインカラットのガラスコーティング

国内最高硬度(9H)のコーティング剤をiPhone全体に塗布します。

保護フィルムと同じように保護効果があります。

角の部分を傷や衝撃から守ることのできない保護フィルムよりもむしろガラスコーティングのほうが安心です。

ガラスコーティングですから皮脂やファンデーション汚れが付きにくくなります。

汚れが付いてもサッとひと拭きできれいに落ちます。

傷から守ることができ、画面をきれいに保つことができるのでたいへんおすすめです。

ナインカラットのお店を探す