iPhone画面修理の3大方法と、それを上回る超実践的対処法!

iPhone画面修理の3つの方法

落下によるiPhoneの画面割れ。

しまった!と思っても時すでに遅し。

落としたiPhoneを恐る恐る拾い上げてみると・・・

iPhone画面修理の方法は三択

やっぱり画面が割れてしまってる。

こんなショッキングな出来事、経験したことはありませんか?

むしろ、まったく経験したことのない人のほうが少ないかもしれません。

割れてしまったiPhoneの画面を修理せずにそのまま使い続けている人をよく見かけます。

しかし、ガラスの破片で耳や指を切ってしまうので危険です。

さらに本体内部に影響が及んだ場合は急に電源が落ちてしまうなど、より深刻な事態に陥る可能性もあります。

なのでiPhoneの画面を割ってしまったらすぐに修理することをおすすめします。

修理方法には3つほど選択肢がありますが、違いがわかり難いのも事実。

それぞれのメリットやデメリットなどもあわせてご説明します。

1. Apple公式サポートを利用する

iPhoneの画面修理といえば誰もがまず思い浮かべるのはAppleで修理してもらうことでしょう。

ただし、急な出費であるうえに費用もかなり高額。

AppleCareプランを購入していたとしても費用面の問題は残りますね。iPhone画面修理をAppleで依頼する場合のメリットなど

また、費用以上に不満の声が多いのが「時間」。

運よく在庫があればすぐ対応してくれますが、ほとんどの場合は数日から1週間程度は覚悟する必要があります。

在庫があっても、混雑していると何時間も待たされるケースも。

かなりストレスに感じる人が多いようです。

それにAppleでの修理は基本的には本体を丸ごと交換する方式です。

そのため、割れたガラス画面を修理するだけでもデータのバックアップを取ってから修理に出さないと内部データがすべて消滅してしまいます。

費用と時間が大きなデメリットですね。

2. 街の修理店を利用する

(Appleの公式サポートは安心だけど費用と時間がかかって面倒くさい)

そんな時は街のiPhone修理店が便利です。

「非正規の修理店」というとネガティブに感じる人も多いでしょう。

修理の腕前に当たりはずれが無いとも限りませんので、事前に口コミなどを調べるなどの自助努力は必要かもしれません。

安心感という面がデメリットになるでしょうか。

しかし、正規の修理店にはないメリットもあります。

街の修理店を利用するメリットは本体交換ではなく壊れた部品のみを交換する点です。

データを残したまま修理を希望したり操作ができずデータのバックアップが不可能な状態なら、

街の修理店に相談するしかありません。

正規・非正規を言葉のイメージで捉えるのではなく、

目的に応じた使い分けをする冷静な判断が必要ですね。

さらに親切な修理店なら、

修理をするべきか、AppleCareを利用すべきか、

ユーザーにとって最良の方法を相談できます。

また、お店が混雑していれば別ですが大抵の場合1時間ほどで修理が完了しますし、

料金も安いので、時間と費用の面で大きなメリットがありますね。

3. 自分で修理する

街の修理店よりもさらに修理費用を抑えたい。

分解や組み立てなどには自信がある。

そういう人には、部品を自分で購入して修理する方法があります。

Amazonなどで販売されている修理用の部品を見ればわかる通り、他の選択肢より圧倒的に費用を抑えることができます。

とはいえ、失敗しても自己責任。

保証もなにもないことがデメリットになります。

iPhone画面修理の後にやるべきこと

どの選択肢にもそれぞれメリット・デメリットがあります。

ユーザーの事情によって最良の方法は変わるのだと思います。

とはいえ、どの選択肢であれ無事修理が済めば一件落着。

しかし、

どの修理方法を選ぼうとも、

修理が無事完了しようとも、

その後のリスクを忘れてはいけません。iPhone画面修理

せっかく修理したのに、また割ってしまった!

また落とした!

しまった!と思っても時すでに遅し。iPhone画面修理

落としたiPhoneを恐る恐る見てみると・・・iPhone画面修理

(割れてない!)

修理をしたらすぐiPhoneをガラスコーティング

最後に修理をした後に後悔しないための超実践的な対処法をお伝えします。

その方法とは、

修理したiPhoneにガラスコーティングをする。

二度、三度とiPhoneを落として何度も画面の修理をするユーザーは意外と多いですね。

しかし、

国内最高硬度を持つナインカラットのガラスコーティング剤でiPhone全体を塗布しておくと、

iPhone画面修理

iPhoneが強く、美しいスマホに生まれ変わります。

これで、悪夢のような出来事をだいぶ回避できますね。

ナインカラットのガラスコーティングの特長

ガラスコーティングの特長は様々あるのですが、

特に「強さ」に絞ってお伝えしますと、

耐衝撃

衝撃に強くなり、スマホが割れにくく

ヒビも入りにくくなります。

耐切創

コーティング剤をスマホ全体に塗布するので、特に角の部分をガードするのに最適です。

備えあれば憂いなし。

iPhone画面修理をしたら再び割ってしまう前に、

ぜひガラスコーティングをしてください。

ナインカラットのガラスコーティングにはフィルムよりも断然お得なメリットがたくさんありますので一度ご覧になってください。

最強のiPhoneケア策でありたいへんお手軽なので、超実践的な対処法と言えます。

iPhone Xなど新しいスマホを購入した時もガラスコーティングすべきでしょう。

ぜったいおすすめです!

ナインカラットのお店を探す