iPhoneタッチパネル修理をする前にやるべきたった3つの事

iPhoneタッチパネル修理

(iPhoneのタッチパネルを修理しに行くところなんだよ)

ちょっと待ってください!

修理店に持ち込む前にやってみて欲しいことがあるんだけど試しました?

(なにもしてないけど・・・)

ひょっとしたら今すぐ直るかもしれませんよ。

iPhoneタッチパネルの修理をする前に試して欲しいたった3つの事

iPhoneのタッチパネルがまったく反応しなくなったら?

まずは、

修理が必要なのかそうではないかを判断をするための原因を明らかにしましょう。

最初に言っておきますがiPhoneを自分で修理することはおすすめしません。

部品やメイン基板に傷を付けてしまったり元通りに戻せなくなったら取り返しがつかなくなります。

かといってむやみに修理に出すだけでは余計な出費に繋がりかねません。

修理に出す必要のあるトラブルか?そうではないのか?

「判断をする知恵」を持つことが賢い選択です。

データのバックアップ

原因を探る前にまずバックアップをお願いします。

通信環境や不具合が生じてiPhoneに保存されているデータが消失する可能性があるからです。

修理店に持ち込む場合でも本体交換も含めて作業の過程でデータが消去される可能性もあります。

なので、まず最初にiCloudやiTunesを使ってデータをバックアップしてください。

iPhoneタッチパネル修理の必要性を判断する3つのポイント

バックアップが完了したらさっそく以下3つのことを行ってください。

1. iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動することでプログラムのバグが改善されてタッチパネルが正常に反応する場合があります。

しかし、iPhoneのタッチパネルがまったく反応しない状況では

再起動のためのスライドすらできない場合もあります。

この場合はiPhoneを強制的に再起動するしかありません。

機種によって方法が異なりますが以下の2パターンで実行できます。

  • スリープボタンとホームボタンの両方を長押しする。
  • スリープボタンと「音量下げ」ボタンの両方を長押しする。

これで再起動できればOKです。

iPhoneが重大なトラブルに見舞われていなければこれで解決します。

2. iPhoneのタッチパネルをきれいに掃除する

再起動しても解決しない場合はタッチパネルを綺麗に掃除しましょう。

タッチパネルに皮脂やファンデーションなどの油分が付着していると反応しない場合があるからです。

水分が付いていても反応しない場合もあります。

再起動しても解決しない場合はタッチパネルをきれいにして正常に反応するか試してください。

3. 保護フィルムを剥がす

保護フィルムは厚手なのでどうしてもタッチパネルの反応が悪くなります。

さらに油分や水分など汚れが付着しているためにタッチパネルが反応しない場合もあります。

保護フィルムをきれいに掃除しているつもりが、

かえって油分や水分を保護フィルムに擦り込んでしまっている場合もあります。

パッと見たらきれいでも保護フィルムは実は相当汚れています。

再起動してもタッチパネルを掃除しても解決しない場合は

保護フィルムを剥がしてからタッチパネルをきれいに掃除して反応するか確かめてください。

それでも解決しない場合は?

iPhoneのタッチパネルが反応しない原因を探るためにやるべき3つのことをすべて試しましたか?

それでも解決しない場合は?

iPhone修理店に相談することをおすすめします。

自分でiPhoneを分解して修理することは控えたほうが良いと思います。

タッチパネル修理の後は、ぜひガラスコーティングを!

故障の原因のいくつかはガラスコーティングで予防が可能です!

iPhoneのタッチパネルが反応しない原因の一つに「タッチパネル・フィルムの汚れ」があります。

保護フィルムは分厚いのでそもそもタッチパネルの反応を悪くします。

また、保護フィルムは貼った当時はきれいでも経年劣化して汚れやゴミも溜まっていきます。

ガラスコーティングの機能

国内最高硬度(9H)のコーティング剤をiPhone全体に塗布します。

保護フィルムと同じように保護効果があるので、

分厚い保護フィルムを貼る必要がありません。

皮脂やファンデーション汚れが付きにくくなります。

汚れが付いてもサッとひと拭きできれいに落ちるのでいつも画面をきれいに保つことができます。

タッチパネルの反応を常に良い状態に保つことが何より大切ですので、

ガラスコーティングをおすすめします。

ナインカラットのお店を探す