iPhoneバッテリー交換しないと危険!延命方法の2大誤解も解説

iPhoneバッテリー交換しない危険性

(以前に比べて充電の減りが早くなった)

(インジケーターが0%じゃないのに急に電源が落ちた)

それはバッテリー交換のサインですね。

寿命が来たにもかかわらずiPhoneのバッテリー交換をせずに使い続けている人多いですが、

たいへん危険で重大な事故を引き起こすこともあります。

また、長持ちさせるコツだと思って逆にバッテリーの寿命をかえって縮めている人も多です。

正しいバッテリーの延命方法とあわせて解説します。

iPhoneのバッテリーは消耗品

 iPhoneを使っているとバッテリーの消耗が早くなってストレスに感じることが多くなります。

バッテリー節約アプリを使っている人も多いのですが、どんな手段を講じてもバッテリーは劣化していきます。

リチウムイオン電池は必ず劣化しいつかは必ず交換が必要になります。

 iPhoneバッテリー交換のタイミング

 iPhoneのバッテリーは充電回数が400回を超えると満タンに充電しても当初の80%程度しか充電できなくなります。

劣化の症状としては、

  • 電池の減りが早い。
  • 100%表示にもかかわらず電源が落ちる。
  • バッテリーが膨張する。

iPhoneを使っていてこれらの症状を感じたらバッテリー交換の時期です。

寿命はだいたい1年から2年程度だと考えてください。

バッテリーの寿命が尽きて本体に悪影響を及ぼす前に修理店などに相談するのが賢明です。

iPhoneのバッテリー交換をしないリスク

 iPhoneはバッテリーの寿命を過ぎて使い続けるとバッテリーが膨張して本体が耐えきれずに裏ブタが開いてしまいます。

データ復旧も含めて修理が不可能になるリスクがありますし、

発火する恐れもあるため注意が必要です。

 バッテリーを長持ちさせるコツ「2つの誤解」

 充電のタイミングについての誤解

使い切ってからフル充電するのが長持ちのコツのように思われがちですが、バッテリーの劣化を遅らせたいのなら半分くらい使ったら充電するほうがバッテリーは劣化せず長持ちします。

充電が完了したらプラグから抜くこと

就寝時に充電して朝起きたらプラグから外すといったかたが多いのではないでしょうか。

しかしこれでは過充電になってしまいバッテリーの劣化進度を早めます。

日中こまめに充電し満タンになったらプラグから抜く習慣を持ってください。

バッテリーの減りを抑える方法

 1. バックグラウンド処理を制御する

 バックグラウンド処理とは画面には表示されてはいないが処理が進行中であることを指します。

バッテリーの使用率が高いアプリの多くはバックグラウンド処理が原因です。

バックグラウンド更新はアプリごとにオン・オフを選択可能です。

2. 位置情報サービスを無効にする

バックグラウンドで位置情報サービスを利用しているアプリは特にバッテリー消費が激しいです。

「使用中のみ許可」に切り替えることでバッテリー消費を抑えることが可能です。

3. 画面の明るさの自動調節をオンにする

画面を暗くするだけでかなりバッテリー消費を節約できます。明るさの自動調節機能をオンにしてバッテリーの消費を抑えてください。

4. 自動ダウンロードを無効にする

自動ダウンロードがオンになっているとアプリのアップデートやダウンロードが自動で行われます。

便利ですがバッテリーの減りを抑えたいのであれば更新は手動で行うべきです。

5. 低電力モードを有効にする

「低電力モード」を有効にすると通話やメール、インターネットなどの主要機能を維持してバッテリー稼働時間が長くなります。

寿命を迎えたiPhoneバッテリー交換は必須

修理店に依頼すれば5分程度で交換してくれますし費用も4,000円前後です。

ケチって交換せず就寝中にバッテリーが発火して家が全焼!

シャレになりません。

症状が現れたら速やかに交換することがとても大切です。

ガラスコーティングもお忘れなく!

バッテリーを長持ちさせても、

(何かの拍子でiPhoneを落として画面が割れてしまった)

なんてことが起こらないとも限りません。

ナインカラットのガラスコーティングは国内最高硬度(9H)のコーティング剤でiPhoneを傷から守ります。

保護フィルムでは角の部分は保護できませんが、ガラスコーティングならiPhone全体を傷や衝撃から守ることができます。

iPhone 8もiPhone Xも購入したらすぐガラスコーティング!

傷が付いてからでは後悔先に立たず、です

すべて専門スタッフによる施工のナインカラットにぜひご依頼ください。

ナインカラットのお店を探す